億万太郎のブロロロ!

億万太郎のブロロロ!

新卒ニート、億万太郎(おくまんたろう)が頑張って生きていくブログ!

【廃墟】千葉県市原市の廃ラブホテル「やすらぎ」に行ってきました。

ご存知だろうか?

千葉県、市原市にある

廃ラブホテル「やすらぎ」

という場所を。

IMG_7300.png

噂の現場ッ!!??

これは行ってみるしかない。

「廃ラブホテル やすらぎ」と、google検索してみると、

所在地こそ記されているのだが、

その他の情報はいっさい見当たらない。

もちろん潜入レポートや、写真の類いも。

そう。

この記事が、この世で初めての

貴重な、情報資源となるのだッッッッ!!!

ということで、

千葉県市原市に住んでいる友人宅を訪問し

(エロ本を一緒に燃やした彼…過去記事参照)

いざドライビンッ!!

s_IMG_7301.jpg

しかし、本当に存在するのだろうか。

既に取り壊されていて、更地になっていたらどうしよう。

そんな不安を胸に、

五井駅」から車を走らせること約30分。

IMG_7302.jpg

看板発見!!!

実際に存在する可能性が高まり、

「霊的な何かが存在するかもしれないいいいい!!」

と廃墟=心霊スポットという安易な方程式によって

我々、潜入部隊の緊張感は高まった。

(潜入部隊)…男3、女1で構成される非リア充系議論団体。日々の活動は、互いを褒め合うこと。そうすることで自己肯定感を満たしている。そうでもしないと生きていけない4人である。

IMG_7303.jpg

ラブホテルがあるとは思えない方向へ向かっている。。。

しかしここは天下のGoogle先生のナビに従い、

我々は田畑に囲まれた集落の中に入って行った。

そして、天下無双のGoogle先生のナビの下、

集落の入り組んだ道程を突き進み、

ついに

到着ッッッッ!!!

s_IMG_7304.jpg

s_IMG_7311.jpg

s_IMG_7310.jpg

ぎゃああああああああああ!!!

モーテルのような古い田舎のラブホテル形式で、

中心に駐車場があり、その周りを計5〜6棟のホテル部屋が取り囲む。

その1つが焼却されていた。

ラブホテルとは思えない和風な建築で、一瞬民家かと思ったのだが、人の気配が全くがない。

初・廃墟。こわい!!!

ここからは、この場所で撮影したいくつかの写真を紹介しよう。

s_IMG_7307.jpg

おわかりいただけただろうか。

かつて使われていたであろう電光掲示板。

s_IMG_7314.jpg

廃墟は得てして、

ゴミの不法投棄場になりがち。。。

少しホテルの中を覗いてみた。

s_IMG_7308.jpg

ぎゃああああ!!

手前の白いモヤはカーテンですうううう!!!

s_IMG_7306.jpg

うぎゃああああああ!!!

バイオハザードに出てきそうなキッチン…。

(ああ、昼間に来てよかったあ)

ホテルの中に入ろうとしたのだが、

やはり鍵がかかっている。

工事現場で使うような作業道具があちこちで見られたため、

一度解体工事に着手した模様で、何らかの理由でそれが中止になったのだろう。

さて、ここら辺にしとこう(安堵)

と、無事、霊的な何かを感じずに

廃墟潜入レポートを終えました。

がしかし!!

ぐああああああ!!!

s_IMG_7322.jpg

ひっつき虫いいいい!!!

終わり。

『少年の聖地』こと『ジャンプフェスタ』に行ったよ!

先週の土日、12月19、20日に幕張メッセで開催された、に行って参りました!!!

ふぃいいぃぃ!!!

毎週ジャンプを(立ち)読んでる私は会場入り口に設置された、このでかい看板にテンション上がらざるを得ません!!!

ざるを得ない!!

週刊少年ジャンプ」を筆頭とする集英社の漫画雑誌、1年を締めくくる祭典ということですが、

このデカ看板のキャラ配置が、2015年のジャンプスターたちの活躍を表しているようで興味深い!

やっぱ中央はルフィ。ワンピースですねぇー!ジャンプの4番、不動の人気、王道看板漫画として、ジャンプに未だ君臨してますからねぇー!

そのルフィの周りを固めるのが暗殺教室銀魂、ハイキュー!、ボルト、トリコ、その次に僕らのヒーローアカデミアですかねぇ。

暗殺教室は実写映画にもなって、殺せんせーの知名度がグッと上がりましたねー!

銀魂、ハイキュー!は現行のジャンプ連載漫画で最も女子人気が高いのでしょう。(腐)女子はグッズとか購入して、お金落としてくれますからねー!

そして、ナルトではなく、ボルトですよ!!今年は映画が当たりましたね!面白かったっす!!!来年から月イチでボルト連載するらしいですね!『ナルト』という土台がしっかりしたコンテンツを手放したくないという集英社側の目論みが見え隠れしますねぇー!まるでスターウォーズを終わらせないディズニーのようで……

嫌じゃないです!!!

僕らのヒーローアカデミアは次世代のジャンプを担う王道バトル漫画ということで、まだ小さいですが中央に食い込んでおりますねぇ~。

あぁー!看板だけでこんなに楽しい!!

中入ったらどうなっちゃうんだ!ワタシ!!

いざ!尋常にッッッー!

うおー!会場大きいー!!

ひときわ目立つ、遊戯王ブース

ブルーアイズホワイトドラゴンッッッ

だー!!

うおおお!かっこいい!!!

クリボー!!!!

お前いっつも手札から捨ててゴメンな!!!

どうやら来年、遊戯王の映画が公開されるらしい。そのため、やけに遊戯王ブースがでかく、あちこちでデュエリストたちを見た。

とんかつDJアゲたろう!!!!!

うわぁーー!!

スマホアプリ、ジャンプ+で連載されてる人気漫画の、とんかつDJアゲたろうだあー!!!

大好きです!!!

あぁー、なんて楽しい場所なんだろう。

巨大越前リョーマに、ちと動揺。

テラフォーマーズは気持ち悪いぃぃ!!

ふぅー!!!

退けば老いるぞ。

臆せば死ぬぞ。

叫べ!我が名は!

『斬月ッッッー!』

でおなじみのブリーチは、人気ないのか、あまり展示品がありませんでした。

私がいまのジャンプで一番好きな作品なのにっ!!!

(最近だと涅マユリVSペルニダ戦が気持ち悪オシャレで面白かったですよね!!)

なんだこのキャラクター。。。

とりあえず撮っとけ撮っとけ!!

という、空前絶後のテンションでだだっ広い会場を、隅々まで堪能しました。

まだ私は少年だ。

ボーイズビーアンビシャス!!!

という感じで、

本当に面白かったし楽しかった!!!

ジャンプ好きな『ジャンパー』たちに、とっては、絶対楽しいと思われる!!

今度開催されたら、『ジャンパー』たちは幕張メッセに瞬間移動すべし!

(ジャンパーという瞬間移動する能力を持った青年を描いた映画が、ありましたが、ご存知でしょうか?世間的にはすっごく評判が悪いですが、僕は好きです。物語は確かにクソですが、瞬間移動シーンの映像がカッコよくて、きっと見終わった後は自分も瞬間移動したいな。なんて思ってしまうこと間違いありません。そのシーンだけでも見る価値はあると思います。)

てな感じで、フュージョン!!

ハッ!!!

さよなら。

【図書館戦争】エロ本を燃やす

昨日は、友人の引っ越しを手伝いました。

私が大学で最も親しくしていた友人です。

お互い一人暮らしで、近所に住んでいたため、

夜な夜などちらかの家に集まっては、身の上話から、

この世界をより良くする為の「机上の空論」を深夜まで展開していました。

そんな彼が、引っ越しをします。

既に4年で、残り授業数も少なくなった為、

学校に近い場所で家を借りる必要がなくなったとの事です。

別れ、ではないのですが、

距離が遠くなることは、少しだけ、寂しい気持ちになります。

もはや生活の一部となった彼との2人の時間が、

最後のときを迎えました。

彼との、最後の時間を、私は、忘れません。

IMG_7260.jpg

友人「俺、一人じゃエロ本燃やせねえから、手伝ってくれよ」

IMG_7262.jpg

少し、センチな気分で、エロ本を燃やす。

「エロ本を所持してたって、なーんも後ろめたい気持ちはないよ!だって成人してるもん!」

なんて、俺には言えないなッ。

きっと友人もそんな気持ちだからこそ、こうして燃やしてるんだろう。

IMG_7265.jpg

紙に描かれた女体。

少年のような気持ちが湧き立つ。

しかし、それをあざ笑うかのような、

炎が、一面に広がる。

それを見て僕たちは

否応なく成長させられるのであった。

少し熱くて苦しいけど、

慣れれば平気さ。

こうして、僕たちは別々の場所に住み、

別々の道を歩んでゆく。

燃やされたエロ本もきっと本望さッ。

以前、国会図書館雪見野ユキオ氏のエロ本を読むほど、

エロ本好きな僕にとっては、

少し、苦い思い出になったかなッ

エロ本を燃やすという通過儀礼を果たした僕たちは、

果たしてどんな大人になるのだろうか。

という事です。

【クリ墓っ地】クリスマスに「アニメイト」に来ている腐った女子たちを見に行くという、腐った行動をした私。

本日は、クリスマスです!

イエス・キリストが生まれた日ということで、

欧米諸国では家族と家で暮らすのが普通だそうですよー!

日本はそんなこと関係ありません!

八百万の神を祭る日本では、

クリスマスには、臨時キリスト教徒となり、

祝うというか、お祭り騒ぎをして、

お正月には、臨時仏教徒となり、

祝うというか、お祭り騒ぎをして、

冠婚葬祭においても、

キリスト教徒、仏教徒をうまく使いこなし、

祝うというか、お祭り騒ぎをする、

なんとも気持ち悪い面白い民族ですね!!

だから

キリストと12人の弟子たちの愛憎渦巻くホモセクシャルな関係を

妄想してここで発表しようと、

誰も咎めやしない!!!!

ウホウホウホ

自分でも何言ってるか分からなくなってしまいましたが、

とにかく、クリスマスってことで街は浮かれムードな訳です!

クリスマスという大義名分を背負って、

公の場でいちゃつくカップルが溢れかえる訳ですよ!!

そんな異性文化に街が埋め尽くされる中、

私はある、神聖な場所へ向かった。

IMG_7278.jpg

アニメイト!!!!

ここは、不純な異性愛から排された、

神聖な二次元への愛

に埋め尽くされている、

まさに、クリスマスにふさわしい場所なのです!!

ここには、

異性愛すらも排した

同性愛を崇拝する文化すらある!!!

真の愛だ!!

真の愛がここにある!!!

IMG_7280.jpg

ういいいいい!!!

このクリスマスに二次元への愛をしたためている

腐女子(a.k.a聖人)たちを発見した!!!

きっとこの方々は、

ただ自己を満たす為の異性愛を排し、

自分への見返りを全く求めない究極の愛を、

アニメの登場人物たちに注いでいるのだろう。

IMG_7287.jpg

ひと際、愛に満ちあふれたスポットを発見!!!

いったい何がそこにあるんだ!!

IMG_7289.jpg

おそ松さん!!!!!!!!

あの腐女子a.k.a.マリア)たちは、

神聖なる愛の形としての「お金」を

自分の推し松に捧げているのだろう。

これはまさしく、神へのお布施!!!

いかにもクリスマスらしい光景をここで目の当たりにした。

くうう

その他にも

IMG_7286.jpg

「ハイキュー!」コーナーは他のジャンプ作品よりも大きく展開されており、

ハイキュー!好きの私は、腐女子a.k.a.天から舞い降りたメシア)たちとともに

楽しくウインドウショッピングをした。

IMG_7290.jpg

はて。。

忍たま乱太郎」のキャラのようだが、

いったい誰なのだろう。

こんなお茶目なポーズを取っちゃって。

このようなキャラですら、

腐女子(a.k.a霊王の左腕ペルニダ)たちは愛でているのだろうか。

驚愕の、「愛」である!

IMG_7292.jpg

そして、よく目にしたのが、この

「つままれストラップシリーズ」

写真はハイキュー!のものであるが、他にも

銀魂」「遊戯王」「ワンピース」「進撃の巨人」など

たくさんのアニメキャラが、「つままれ」ていることが散見できた。

おそらく腐女子a.k.a.現代版チャーリーズエンジェルズ)たちは、

つまみたいんだろうよ!!

好きなキャラクターをスモールライト的なもので小さくして、

彼らの物語をあくまでも俯瞰的に観察。

それぞれの局面では感情移入するものの、

結局は手のひらサイズの小さな話。

そんな彼らをこよなく愛するが故に、

ちょっとつまんで影響を与えたい。

そういった欲望が、この「つままれシリーズ」に凝縮されているように感じる。

そう、

いくら物語の登場人物が好きでも

それを傍観して楽しんでいる。

まさに、

神の視点!!!

そう、腐女子は腐ったゾンビでもなく、神の使いでもなく、

神、そのものだったのだ!!!!!!!!

私は、当惑した。

彼女たちは、神の行いを、この現実世界で体現している。

そして、彼女たちがグッズ等を買う事によって、

作品の生命線でもある、「経済」を回しているのだ。

しかし、それは登場人物及び、作品世界の中では全く言及されない。

これこそ、「神の見えざる手!!」

うぎゃああああああああ!!!!

ここまで、クリスマス的活動があるだろうか。

神を崇めるのではなく、

自分が神となる。

ふう…

完敗だぜ。

クリスマスに腐った女子たちを見て、少しばかりの優越感に浸ろうとしていた俺が間違いだった。

ならば、俺も、好きな作品の神となるまでよ!!!!

IMG_7283.jpg

キルラキルウウウウ!!!ふうううう!!!

ということで、

リアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリ!!!!

IMG_7285.jpg

「池袋ウエストサイド最後の楽園」こと「サクラカフェ」にいってきたよっ!☆

池袋北口から徒歩5分、西口から徒歩7分くらいのところにある

サッ、サッ、サクラカフェ

に本日行ってきました〜

こんな感じのところです

サクラカフェ外観

中はこんな感じです

サクラカフェ中

アクリルで透明なビニールに包まれており、

開放的でありながら、ちゃんとあったかいですよ〜!

何と言っても外国人の方が多いので、

この池袋という、しみったれた二番煎じな都会から

地球規模の、全世界に解き放たれた感覚を味わえます〜〜〜

この店のメニューもグローバル社会に富んだものがたっくさんあります。

そんな中でも僕が注文したものが

これ

オールドファッションドチョコレートソーダ

オールドファッションドチョコレートソーダ

プリンの食べ比べセット

…チョッコレートソーダ!?!?

…プリンの食べ比べ!?!?

まずはチョコレートソーダて…

チョコに炭酸が入っているとでもいうのか。。。

店員さん「はい!炭酸入れてます!」

ぐぬう…

果たしてそんなものがこの世に存在していいものだろうか…

チョコはその甘ったるい口当たり、食後感に浸るべきもの

その後味を炭酸でかき消すなどという…

なんとも罪深きッ!!!!!

私が、食して断罪してくれよう。

オールドファッションドチョコレートソーダ2

くそう!!!

なんかアワアワしてやがる!!!!!!!!

チョコレートをアワアワさせるなんて、

箱入り娘が元ヤントラックの運転手と付き合って、

その荒っぽいXXXにアワアワさせられているのを

見ているようだぜ!!!!!!!!!

でも、それも若気の至り。

こんなもの一過性の過ちとして、

今すぐメニューから撤退していただきたい。

つまり、

2012-12-25-184033.jpg

炭酸「チョコレートさんと、結婚させてくださいッス!!」

チョコ「…。」

と言われようと。

私「何を言っとるんだああああ!!!絶対に結婚は許サーーーーン!!!!!!」

炭酸「なんでですか!お父さん!!!!」

私「だって、相性悪いだろうがああああああああ!!!!!!!」

チョコ「…グスン。。。」

と言いたい。

前置きが長くなったところで、

いざ、

実食!!!!!!

あれ…

炭酸が…

炭酸が、おとなしい。。。。

全然炭酸が来ないぞ!

これじゃただのチョコレートドリンクだぞ!!!

いや、ほのかに、

ほんの少しだけ

一口の見終わった後に

舌の上で極微量の炭酸ガス

はじけるような…

ほんの、ひと泡だけ…。

チョコ「オイコラ!あんま出しゃばんなよ!」

炭酸「すいません。。。」

俺は間違っていた。

うちの箱入り娘「チョ子」が

ただのヤンキーにアワアワさせられるはずがない。

この子はもっと

わがままで、頑固で、自己中心的な

鬼嫁じゃッ……!

まるで自分の娘が、

連れて来たフィアンセを圧倒的に尻に敷いてる様を見て、

どん引きする親父の気分だぜ…。

私「ごめんな。。。炭酸君。。。あんなちょ子で。。。」

炭酸「ダイジョブッス…!僕は、何となくいるくらいでダイジョブッスよ!ニコッ」

健気な炭酸君に乾杯!!!

(…想像以上に、チョコソーダで書いてしまったので、プリンの食べ比べについては…まあ美味しかったっす)

という事です。

みなさんもサクラカフェ、行ってみてはいかがでしょうか??

板橋事変サクラカフェ

私の生みの親は「琵琶湖」。滋賀県が47都道府県の中で最も住み心地がいいことを立証しよう。〜mother lake BIWAKO〜

メリークリスマス!!!!!!!

街のイルミネーションに目が回ります(キラキラ)

boy meets girl な日でもありますねえ!

浮かれた奴らを殺したいという感情は抑えて、

今回は、私、ヒノウエの「故郷」がいかに素晴らしいかについて記します。

(興味ない〜って奴はもう読むな!!!くそう!!!!)

300px-Lake_biwa.jpg

滋賀県です。

いい所ですね〜!本当に!いい所!

個人的には、いや、客観的に見ても

滋賀県は47都道府県で最も住み心地がいい県!!」

である。そう断定します。

その理由について今から説明致しましょう。

これを読めば、

「ガッテン!そうか!滋賀に移住しよう!」

となるかもです。

いやはや、そう極端なガッテンがあなたたちにできるのでしょうか?

こんな訪問者も極端にいない、社会的に認められていない大学生の独り言ブログを見て、

「ガッテン!そうか!滋賀に移住しよう!」

などという、極端かつ早とちりな回答を導きだし、実際に行動に移すことができるでしょうか?

100%の確率で、できないでしょう!

いいんです。それが人間なんです。

昨今のメディアでは、極端に分かり易いものばかりが取りあげられていますが、

人間はそんなに極端ではありません。

白か黒!ではなく、グレーの部分が多いのです。

そのようなことを

BaseBallBearのアルバム「C2」から学びました。

(Check it out!!!)

resize_image.jpg

そのグレーな部分を、愛していこうよ。という事です。

(ニコ動サッカー動画でおなじみの「昭和師匠」オマージュ)

さて、話はずれましたが、

滋賀県が47都道府県の中で最も住み心地がいい!」

ということを立証すべく、

これからは、あくまでも客観的論拠を提示しつつ、

光ファイバーを通じてこの文字列を流し読みしている人たちに向けて、

貴様ッ、見ているなっ!

と、ディオのごとく、ハッ!と、ズキューーン!と、

滋賀県の魅力を伝えて行きたいと思います。

まず、「住み心地」とは何か?

という鬱陶しい、定義の問題から入ります。

いかにもな感じですねえ!!!!(謎にテンションをあげるモンゴル)

政府によると、

豊かさ・住みやすさを規定するものとして「就職機会」「交通の利便性」「住環境」「街のにぎわい」「教育・文化環境」「福祉・医療体制」「自然環境」「災害に対する備え」「情報」を要因として掲げる。ようです。

さあ、これらの項目を滋賀県にあてはめてみましょう!!

「就職機会」…最高

「交通の利便性」…京都、大阪とかにすぐ行けちゃう最高

「住環境」…最高

「街のにぎわい」…「にぎわってる?」「にぎわってるよー!」

福祉・医療体制」…最高

「自然環境」…琵琶湖!!!!!!!!!!!!

「災害に対する備え」…琵琶湖は津波がない!!!!!!!

「情報」…最高&最高&最高

という事です。

おらおらおらあああ!!!

そろそろ滋賀県が最高説をみなさん分かりましたかね。

まじめに言うと、

滋賀県「田舎と都会をハイブリットさせた、もしくは個人でハイブリットすることができる」点において優れています。

すごく田舎的な風景が広がった情緒ある場所でもあるし、

そこから車、もしくは電車で30分〜1時間ほどで

京都・大阪方面にアクセスできるのです。

「なーんだ!結局は都会のコバンザメじゃーん!」

とお思いの方はぜひ、

イケダハヤト氏の「まだ東京で消耗してるの?」

8132a7ce.png

http://www.ikedahayato.com

を参照し、いかに都会より田舎のほうが優れているのかという事を確かめてください。

(この記事において、私がイケダ氏のコバンザメであることは言うまでもありません)

都会<田舎

ということで、47都道府県のうち、都会である方々は落選いたしましたので、

あとは、田舎ナンバーワンを決めるだけです!!

とは言っても、田舎のデメリットは

「文化との距離が遠い」

ことだと思います。

文化とは、たとえば好きなアーティストのコンサート。

五大都市ツアー敢行します!!

なんて言われても、田舎者からすれば、遠いです。

結局、エンターテイメント、娯楽、のリアルな体験をする場としては

未だに東京一局集中な気がします。

つまり、そうした田舎のデメリットを克服できる場所が、

田舎ナンバーワン!つまり

47都道府県ナンバーワン!なのではないでしょうか!!!!

文化との距離がなるべく近い田舎。

文化が集まるのは都市です。

ならば都市に一番近い田舎はどこでしょう。

んーーーーーーー

滋賀です!!!!!

いや、まてよ

文化が局地的に集まった、ここ東京に一番近い田舎…

(千葉、だとッ…?)

(違う!千葉は都会だ!絶対そうだ!だってディズニーあるし!)

ということで、滋賀だ!!!!!!!!

という事です。

「毎朝、満員電車に揺られて通勤するサラリーマンを見て社会人嫌になった…」云々という、いかにも短絡的な脱サラとは一線を画す!!わたくしが、ヒノウエシンタロウである!!

b0225178_14112726.jpg

2015年12月24日です。メリークリスマスイブですね。

今日から始まったこのブログは、私の些細な日常を切り取り、

この、後退的文明社会の端くれでもがいている一人の男の人生をひも解いていきます。

消費社会の歪みに生まれた、この「ヒノウエシンタロウ」を通じて、

戦後的価値観を引きずった(特にメディアにおいて)日本を読み取っていく、

まさに、ミクロからマクロを読み解くことを目的とした、

なんとも社会的!そして文化的!なブログでございます。

ウソです。。。。

私にそんな高尚な文章も書けませんし、ましてや社会を読みとるなどという大それたことはできません。

なんといっても、

「レペゼン ビリギャル!」ですから。

d7006-1345-101530-1.jpg

そうです。

ビリギャルとは、今年?一世を風靡した、

「偏差値低い高校から、大逆転慶応大学!!」

のあれです。

私もあの物語(古くはドラゴン桜)に

熱いシンパシーを感じております。

何を隠そう私も

偏差値の超低い田舎の高校から、

某有名大学に、

(あ、別に言っても大丈夫か…)

立教大学に進学したのです。

立教ごときの偏差値でビリギャル語んな!!うるせえ!!

という声が聞こえますが、

(いや、聞こえないか。。。どうせ誰も見てないだろうし。。。)

まあ、偏差値を1年で40くらい?あげたことに変わりはありません。

なので、ビリギャル語ってもいいだろぎゃああああ!!!

つまり、私は「YDK(やればできる子)」なのです。

しかし、そんなアイデンティティを大学受験で携えたものですから、

いざ就職活動になると

「僕、こういうことできますよ!」(だって、僕、やれば出来る子なんで)

的な、実力はないのに夢想しちゃう系男子だったんです。

しかもそれで、根拠のない自信に満ちあふれておりました…。

その結果…

ぬうううおおおおおおおおオ!!!!

内定もらったけど納得いかねえええええええ!!!

ってなっているなうです。現在4年です。もう卒業間近です。

内定先は某有名広告会社ですよ!

(実際は業界で10位に入る程度です。すいません。。。)

俺はもっとできるはずなんだよ!!!!!!!

といきがっています。なので、

「会社で最大のパフォーマンスできないんだったら自分でやるよ!!!」

と、個人で生計を立てることを誓いました。

でもどうやって…

まあ、とりあえず、

「個人がメディアになれるツール=インターネット」

という考えの元に、

このブログを立ち上げ、ネットで私の経済活動を展開することに致しました。

そう、このブログは

「このインターネットという混沌とした世界に、一人の男が人生を掛ける」という物語を記した、

Mad_Max-Fury_Road-Tom_Hardy-001.jpg

マッドマックス的ブログなのです!!!!!!!!!

マッドマックス好きをお披露目したところで、

つまり僕は

「毎朝、満員電車に揺られて通勤するサラリーマンを見て社会人嫌になった…」云々という、

サラリーマンという社会から抜け出すための、消極的なアクションとしての「脱サラ」というよりは

「俺という存在は現実世界という枠組みでは収まりきらない。そらっ!サイバー空間よ!俺を受け止めてくれ!!」

という、積極的「脱サラ」なのである。

意味分かりませんか!!!!!!!

なんでもいいです!!!!!!!

一番言いたかったこと、

それは、

わたくしこそ、

「ヒノウエシンタロウ」であります!!!!!!!

くだらない長文・駄文失礼致しました。